読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【TV】あさイチ「どう思う?“子どもがいない”生き方」

エスプリにようこそ

プレッシャー社会?

女性リアル どう思う?“子どもがいない”生き方

川上未映子さん、稲垣えみ子さんがゲストだなぁなんてみてたんですが、“子どもがいない”ということでプレッシャーを受けているひと、意外と多いのですね(´・ω・`)

よくも悪くも取れるときはなるべくよく取る

表現は基本的に自由です。「わたしは家族(子ども)がいて幸せです」とか「子どもがいないひとは時間があっていいな」とか、その程度のことは、いう側に悪意があろうがなかろうが、あまり関係ない気がします。言い方があんまりにも嫌味ったらしいとか、何度も当てこすりされるなら別ですけど、それはなんらかの病気なので病院を紹介してあげてください。

 

たしかに、おとなだか社会人だかとして、配慮のかけた発言かもしれません。しれませんが、どちらかといえば内容より受け手の感じ方に大きく左右されます(同じ発言をなんとも思わないひともいれば、思いつめちゃうひともいる)。

 

“子どもがいない生き方”自体、千差万別

「傷つけてしまうかもしれないからいわない」というスタンスは、一見配慮ある立ち振舞かもしれませんが、コミュニケーションは縮小していきます。違う立場間のコミュニケーションが減れば減るほど、互いの溝は深まっていくか、少なくとも埋まりません。積み重なれば背をむけあうようになり、他人に「配慮がない」「理解がない」と考え出します。自分のことは棚にあげてね(?)。 

 

たしかに、配慮なさすぎ社会人も存在します。そういうやつはおいとくとしても、基本は閉じるのではなく、それぞれの立場で聞いたり話したり、親和性を高める方向へ進んでいくほうが建設的。面倒だけど。そんな時間ないかもしれないけど。

エスプリにようこそJoão Lavinha

その価値観は心地よい?

ちょっと話がずれます。対話(哲学)カフェは、多様性を「大事だ」「大事だ」と寄せてあげるブラ(強調)するんですよ。わたしも同感。同感ですけど、実際に多様性のある対話が展開されるかというと、そうでもない。ことが多い。

 

多様性を重んじる場ですら、びっくりするような多様性というか価値観に出会うことはむずかしい。であれば、日常生活でなぞ推して知るべし。自分や周囲、マスコミなどで触れる価値観は、本当にごくごく一部でしかありません。子どもを持つ持たない、結婚するしない。どちらも大差ないです。というと語弊あるかもしれませんが。

 

普段、生活している場の価値観は無視できないのは当然です。しかし違和感があるのなら、それは(あなたにとっての)真実です。善でも悪でも、優劣もありません。その事実を事実として受け止め、吟味してみるのも一興。

 

子どもどころか、家族も仕事ももたない価値観だってあります。

 

わたしも子どもや結婚といまのところ縁はありません。が、プレッシャーも特に感じていません。無意識にはあるかもしれませんが、むしろ少しは感じたほうがいいんじゃないかくらいゆるぼんやりしています。ゆるぼんやり~。

 

こんな本も参考にしてみては?

この↑エントリにも書きましたが、まんが家の古泉智浩さんと歌人枡野浩一さんは『本と雑談ラジオ』というPodcastを配信されています。本や映画の話がもりだくさんで、更新を楽しみにしている番組の1つ。この番組で取り上げた本を読むこともあります。

 

広告を非表示にする