読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本橋『アートアクアリウム2016』にいってきた

リポート 大人の社会見学

エスプリにようこそ

 ごぶさたしてます、レナ(@esp_rit)と申します。 

東京・日本橋で開催されている『アートアクアリウム』にいってきました。

大量の金魚をおしゃれに展示しているアートイベントです。

 

 

日本橋、大阪、金沢でやってます

日本橋以外にも大阪、金沢でおこなわれています。

公式サイトでは、以下のような注意喚起がありました。

 

2016年度(今夏以降)のアートアクアリウム開催は、【大阪】、【東京・日本橋】、【石川・金沢】の3会場です。最近横行している類似の便乗した企画やイベントにご注意ください! 本展と間違われて行かれた方々からの苦情が多数寄せられています。

 

力強いですね。この注意書きはイベントイメージを壊している気がしますが、間違えたことを主催者側に申し入れるということは、推して知るべしということでしょう。

 

たしかに東京でも似たようなイベントがありますから、このブログにたどり着いた方は目的に応じて好きなところに遊びにいってください。

 

便乗かは知りませんが、たとえばすみだ水族館でも金魚イベントやっています。

 

 

すみだ水族館では、金魚だけじゃなくてマゼランペンギンの赤ちゃんまでみられるらしい!(*´Д`)期間は7/31までとなっています。8月以降、展示されていなくても苦情はいれないでね。

 


 

エスプリにようこそ

東京のテーマは『江戸・金魚の涼』

 

日本橋会場のテーマは「江戸・金魚の涼」。

会場コンセプトは「現代における江戸の花街」。 

 

会場は暗く、赤紫や瑠璃色のネオンがかがやいていて、夏の夜に街歩きをしている気分。いくつものうつわに泳ぐ約8000匹!の金魚たちはみんなきれいでした。入れ替え制で合計8000匹ってことなのかな?

 

でも一番人気はピクサー映画でおなじみの…

 

ニモ、大人気でした。ドリーもいたよ。ひときわにぎわっている水槽があるなーと思ったら、ニモとドリーが泳いでいました。

 

ドリーはナンヨウハギっていうお魚なんですね。はじめて知りました。ちなみにニモも、カクレクマノミじゃなくて(イースタン)クラウンアネモネフィッシュという種類だそうです。

 

下の画像にいるドリー、青すぎて同化。

どの写真もほとんど加工はいれていませんが(だから?)、写真がまぶしいですね(;´∀`)

 

エスプリにようこそ

 

気になる金魚のストレス

長時間のびかびかしたライトや、密度が高いように思える展示もあるので、金魚にとってのストレスが気になるところではありました。しかしNO知識のわたしにいわれるまでもなく、当然しっかりとした配慮はされているはずです。

 

7月下旬の混雑状況

夏休みに入ったせいか、平日でもそれなりに混雑していました。列はさっさと進みますが、当日券を買うのに10分くらい並んだでしょうか。当日券の購入は、現金のみです。クレジットカード、ICカードなどは使用できません。

 

お客さんの多数派は女性です。男性はカップルで来場されている方が多く、家族連れや観光客でしょうか、外国人もけっこうおりました。

 

夜のターンは、『ナイトアクアリウム』と称したイベントをやっています。近年ものすごい勢いで有名になった獺祭をいただけるバーがあったり、著名なサウンドクリエイターたちがDJをしたり、夏の夜に浴衣でいくのもすてきですね。

 

でもわたしにとってはおしゃれすぎるため、SANチェックが入ります(1d100)。

 

 

広告を非表示にする