エスプリプロジェクトにようこそ

新宿にて(対話)哲学カフェ、読書会、ボードゲーム会、TRPG会、人狼、その他イベントの企画開催

【台湾】3泊4日個人旅行-鼎泰豐本店~象山~野柳~淡水編-

エスプリにようこそ
鼎泰豐の小籠包。当然ながらおいしい。

3日目:鼎泰豐と士林夜市のあいだに

ごぶさたしてます、レナ(@esp_rit)と申します。

 

 

台湾<台北>3泊4日ざっくり行動

1日目:成田空港~桃園空港~台北中心地

桃園空港で両替・龍山寺・冰讃(ピンザン)・寧夏夜市

2日目:平渓線~九份~基隆

世界豆漿大王・侯硐(ホウトン)→十分→九份→基隆

3日目:象山~野柳~淡水~士林イマココ

鼎泰豐(ディンタイフォン)本店・象山→野柳→淡水→士林夜市

4日目:台北中心地~桃園空港~成田空港

阜杭豆漿(フーハンドウジャン)・林茂森茶行(となりの林華泰茶行ではなく)・近くのカリフール・迪化街・天仁茗茶(タピオカミルクティ)

5日目:成田山(おまけ)

川豊(うなぎ)本店・成田山

 

エスプリにようこそ 

雙連朝市をみてまわる

ホテルの最寄り駅かつ、9:30頃でもやっているので雙連朝市をみてまわりました。観光客もいつつ、現地の人も普通にお買い物している感じ。ご婦人たちがフルーツやらをするどい目で選んでいました。冰讃のすぐ近くでもあります。

 

ホテル探しをしていて、西門あたりはさらにリーズナブルなホテルがいくつかありました。ひとりならそちらでもよかったかもしれませんが、雙連駅を起点に行動できるのは割と便利でよかったです。

 

鼎泰豐本店で小籠包と蝦炒飯と鶏スープ

とりあえず混むので、開店時間に合わせていきました。といっても、日本人観光客を中心に何グループかすでに並んでいます。番号札を受け取り、オーダーをしてから近くをお散歩。

 

鼎泰豐といえば、小籠包界のマイケル・ジャクソンじゃないですか(謎)。日本に支店もあって、別にいいんじゃないのという気持ちもありつつ、「本店は行ってみてもいいんじゃない」というアドバイス1回くらいちゃんとレストランで食事しようという理由での入店です。朝からがっつり小籠包とえび炒飯(玄米)と鶏肉のスープをいただき、計715元だったかな?サービス料込で約2600円。

 

エスプリにようこそ

玄米の炒飯なんですが、食べにくいということはありません。お米ぱらぱら(月並み)、えびもぷりぷり(月並み)。量、少なくみえますか?男性なら足りないかもしれませんが、意外とおなかにたまります。スープを飲んだからという噂もある。でも女性ならじゅうぶんじゃないでしょうか。人によるかー。

エスプリにようこそ

スープは若干、塩気薄めでした。わたしは薄味が好みなのと、炒飯と小籠包とのあわせ技でちょうどよく感じましたけど。あー今回の記事は書いていておなかが空く(笑)。

 

鼎泰豊より安いけどおいしい小籠包や料理店はあるでしょうし、並ぶし、混んでいるし、ここでなければならない理由ははっきりといえません。ですが、サービス料を取っているにしてもスタッフは気持ちよく機敏に動き回っているし、料理もおいしい。鼎泰豊を味わいつつ、ほかの料理店にもいって、自分好みのお店をみつけられたら楽しいですね。

 

エスプリにようこそ

象山でハイキング

鼎泰豊を出たあとは、象山を登りに行きました。腹ごなし!というにはつらいwwww象山なんてかわいらしい名前だし、20分で登れるというので、のほほんと登ったのですよ。思った以上に大変ですwwww(単に運動不足という可能性も否めませんが)

 

エスプリにようこそ

でも見晴らしはいいし、気持ちもよかったです。湿度高いせいか、びっくりするほど汗かいたけど(笑) 

 

台北駅から野柳を目指してバス

台北駅の國光客運のバスターミナルにいくと、野柳行きのバスがあっさりありました。ひんぱんにでているみたい。台北駅から野柳までは、バスで1時間半くらいかかり、野柳ってけっこうな観光地だと思っていたんですが、バスの同乗者で降りた人、皆無。野柳もごく普通の午後だから閑散とした港町だし、本当にここは観光地なのか?! 観光地とは名ばかりなのか?! と訝しんでいたら、観光バスめっっっちゃ止まってました。※ローカルバスで行くと、公園まで15分くらい歩きます。

 

たしかに人はとても多いのですが、地質公園自体が広いので人の多さは負担になりません。が、この日は風が非常に強くて、海辺の砂が舞い上がる~><岩しかないっちゃーないですが、けっこう楽しかったです。

エスプリにようこそ
MVの撮影ができそう

 

野柳から淡水へバス移動(1時間半)

今日はバス移動ばっかりです。野柳から淡水のバス(862番)は、海岸線を通るのでけっこう楽しい景色なのですが、台北駅→野柳→淡水をバスで移動するのはめちゃくちゃ時間かかるので、あまりおすすめできなーい。野柳→淡水のルートは下の地図のような感じですね。

 

ちなみに野柳から、淡水でも台北方面でもバスに乗る場合、『BusTracker Taipei』が入っているととても便利です。台北方面はまだしも、淡水方面に行く人は多くないので、何分でバスが到着するかわかると精神的に安心できました。

 

BusTracker Taipei
BusTracker Taipei
開発元:Mozy Ltd.
無料
posted with アプリーチ
淡水と士林夜市

淡水はきれいな街で探索したかったのですが、雨が降っていたのではやめに士林夜市に移動。淡水はまた行きたい。しかし『可口魚丸』の若い女性店員の態度には閉口。年配の女性店員さんはふつうだったし味もまぁまぁなのになー。

 

士林夜市では軽めに『阿宗麺線』などなどを食べて、あまり遅くならないうちのホテルへ戻りました。明日の午後は帰国です。あっという間ですね。

 

 

広告を非表示にする