エスプリプロジェクトにようこそ

新宿にて(対話)哲学カフェ、読書会、ボードゲーム会、TRPG会、人狼、その他イベントの企画開催

【雑感】久しぶりにボードゲームをプレイした。

エスプリプロジェクトにようこそ

アンユージュアルサスペクツカルカソンヌそっとおやすみタギロン

新作ではないが新しいボードゲームをプレイ

 ごぶさたしてます、レナ(@esp_rit)と申します。先日、反町でおこなわれたヨコハマタイワ8のあとでボードゲームに興じました。

 

 

プレイしたタイトル

 

アンユージュアルサスペクツ』の特徴
  • 協力ゲーム
  • 論理思考は不要
  • カードは多いが箱から出せば持ち運び簡単

 

 目撃者ひとりだけが犯人を知っていて、それ以外のメンバーは協力して犯人を探します。探し方は各自に配った質問カードを目撃者にみせて、犯人が当てはまるかどうかイエス・ノーで解答。質問を考えるのではなく、 カードを選ぶだけということころが遊びやすく、小難しくしています(質問を考えなくていい反面、犯人は男性ですかのようなはっきりした質問ができない)。

 

 遊び感としては『コードネーム』に近いですが、『コードネーム』は『アンユージュアルサスペクツ』でいうところの目撃者が、絶妙なヒントを考えなくてはならないのが大変なところ。でも個人的にはその負担がおもしろいので『コードネーム』派です。手軽に遊びたい、これから仲良くなりたい人と遊ぶなら『アンユージュアルサスペクツ』がおすすめ(ダウンタイムが少ないから気まずくなりにくいから)。

 

コードネーム 日本語版

コードネーム 日本語版

 

 

カルカソンヌ』の特徴
  • 人生ゲームしか知らない人にボードゲームの片鱗を覗かせられる
  • とりあえずやってみて
  • 個人的に好き♥

 

 わたしが『カルカソンヌ』好きなのでそのへんは割引いて下さいですが、さくさく遊べて運要素もカウンティングもあり、2人でも5人でも、子供でも大人でも遊べ、かつタイルやミープルのボードゲームっぽさがあり(カードだけじゃない)、難易度を変更できる点がお気に入りです。

 

 難癖をつけるとすれば、遊ぶのにある程度の広さのテーブルがいることかな。運の要素をどう考えるかですが、世界大会もやるくらいなので遊び甲斐のあるゲームです。

 

カルカソンヌJ (Carcassonne J) ボードゲーム

カルカソンヌJ (Carcassonne J) ボードゲーム

 

 

そっとおやすみ』の特徴
  • 仲良くなりたい人たちと
  • シンプル・かんたん
  • 遊ぼうと思えば延々と遊べる

 

 遊んでみたいと思っていた作品。手持ちの絵札が4枚そろったら、どのタイミングでもいいので裏向きに伏せます。それをみた人はそろっていなくても裏向きに伏せ、最後まで気付かない人の負けです。

 

 哲学カフェのあとだったので、トークテーマを決めて、会話をしながら遊びました。このゲームを大人が遊ぶ時はテーマを決めて話しながらとか、ほかのゲームをしながら遊ぶのがいいでしょう。お酒の席でも遊びやすいですし、むずかしいことや熱中すること、場合によってはセクシーな会話をしながら戯れるのがおすすめ。

 

 気をつけるポイントとしては、カードの扱い(裏返すときに折らないように)と、テーブルが汚れたり濡れていないか気をつけることですね。大人と子供が混ざって遊ぶよりは、子供同士、大人同士がいいと思います。すきまに遊べるので、ちょっとほしいなーと思いました。ほかのゲームをやりながらやってみたい。

 

すごろくや そっとおやすみ

すごろくや そっとおやすみ

 

 

タギロン』の特徴
  • ちょっと頭を使う(論理系)
  • 持ち運び便利
  • 手に入りやすい

 

 『マスターマインド』『ドメモ』『アルゴ』『ヌメロン』系の数字当てゲームです。『タギロン』の特徴と思われるのは、質問が常に6枚のカードとしてオープンになっていて、お互いが順番に選ぶことです。このシステムのおかげで質問を考えなくてよいし、自分の手札と合わせて考えるヒントとなります。

 

 数字当て(論理)系ゲームが苦手な人も、質問カードがオープンされていることでほかのゲームより考えやすいんじゃないでしょうか。

 

 ネガティブな点は、とはいえ数字系が苦手な人は最初から尻込みする、2人以上だと難易度があがるので3、4人では遊べるけど遊びにくい点ですかね。

 

タギロン(TAGIRON)

タギロン(TAGIRON)

 

 

過去のボードゲーム

 『プエルトリコ』も好きなゲームですね。重くないのがちょうどいい。