エスプリプロジェクトにようこそ

新宿で哲学カフェ、読書会、ボードゲーム、TRPG会、人狼、その他イベントの企画開催しています。

【3/30】金閣寺/三島由紀夫:エスプリ読書会【池袋】

エスプリ哲学カフェ読書会三島由紀夫金閣寺

2019年3月エスプリのテーマは『希望』

 ごぶさたしてます、レナ(@esp_rit)と申します。

 2019年3月読書会のご案内です。

 

課題本『金閣寺/三島由紀夫新潮文庫

金閣寺 (新潮文庫)

金閣寺 (新潮文庫)

 

寺が寝静まる。私は金閣に一人になる。

吃音の悩み、身も心も奪われた金閣の美しさ――昭和25年の金閣寺焼失事件を題材として、放火犯である若い学僧の破滅に至る過程を抉る問題作。

一九五〇年七月一日、「国宝・金閣寺焼失。放火犯人は寺の青年僧」という衝撃のニュースが世人の耳目を驚かせた。この事件の陰に潜められた若い学僧の悩み――ハンディを背負った宿命の子の、生への消しがたい呪いと、それゆえに金閣の美の魔力に魂を奪われ、ついには幻想と心中するにいたった悲劇……。31歳の鬼才三島が全青春の決算として告白体の名文に綴った不朽の金字塔。 


 31歳でこれを書いたのかー。すごいわ。

 何度か申しておりますが、もしわたしがどなたかに「三島由紀夫でおすすめの作品ってなに?」と質問をされたら「個人的に好きかつ三島エキス100%の作品は『憂国』だけど、おすすめといわれれば『金閣寺」と答えます。三島汁が濃すぎないけど薄くもないしおもしろい作品です。

 水上勉さんも同じ事件を書いていて、三島さんの『金閣寺』は嘘くさいとかいわれてますが、小説だからいいんです。

 

  水上さんの本はこれですね。

金閣炎上 (新潮文庫)

金閣炎上 (新潮文庫)

 

天を焦がす金色の焔に、彼は何を見たのか? 身も心もぼろぼろになって死んだ金閣放火僧の痛切な魂の叫びを克明に刻む長編小説。

 

開催日時

  • 日時:2019年3月30日(土)13:00~15:00 ※第5土曜日です
  • 場所:池袋 -- がんばれ!子供村 プレイルーム(3F)
  • 費用:参加費(500円)
  • 持物:課題本、ソフトドリンク・軽食持ち込み自由
    今回は本の交換はおこないません。
  • ファシリテーター:レナ
  • お申込み不要です。直接お越しください。
    読書会は今回の3月をもって一旦停止します。なので、読書会参加したことないなーという方、お久しぶりの方、三島由紀夫好き、読んだことないけどこれを機会に読んでみたいという方、お気軽にきちゃってください。

東京都豊島区雑司ケ谷3-12-9

 

タイムテーブル
  • 14:55~ チェックイン(読書会)
  • 13:05~ トークセッション
  • 15:00~ -----  終了一旦解散  ---
  • 15:20~ チェックイン(哲学カフェ)
  • 15:30~ 同会場でゆるめの哲学カフェをやります。よかったら参加してね
  • 17:10~ 延長戦(懇親会) 同会場でやります。
    年度末なのと読書会最後なので、なんとなくみんなでわいわいしたい。

 

延長戦(懇親会)

 本編で話しきれなかった話題、ありとあらゆる雑談、パーティ系の軽いボードゲームなどをやっていることが多いです。ここからが本番なので(結構本当です)、お時間のゆるす範囲でご参加ください。飲まない人、未成年でも大丈夫です。最近の傾向として費用は、1500円~2500円ですね。

 

エスプリプロジェクトにようこそ

エスプリ読書会とは?

  1. 1冊の本をテーマ書として選定し、読了して参加
  2. 参加者がおもしろかった本、おすすめ本をシェアしあう

 

 原則、1のパターンで読書会を開催しています。1冊の本をもとに、参加者1人1人がどう読んだのか、そこから派生したこと、考えたことはなにかを共有しあい、自分だけでは発見できない視点を獲得しあうのが主な目的です。

 課題本を読んでくる読書会は、参加までにハードルがあります*1。しかしこのちょっとしたハードルはむしろメリットだと考えています。ほかにもこんないいことが。

 

  • 読んだことのない本、作家に出会える
  • 挫折した本を読み切るきっかけになる
  • 記憶の定着率が高まる
  • 同じ本でも人によってこんなに違うのかと驚ける
  • ネタバレも可

 

 読み方や考えたことに、正解・不正解はありません。他人と同じでも違ってもいいので、ネットなどの感想を探すのではなく、自分がどう読んだのかを持ち寄ってくださるとうれしいです。役にたつかたたないか、たのしいかたのしくないかはあなた次第。

 

エスプリにようこそ

ブックエクスチェンジ(本の交換)

  読書会では、気軽にいろいろな本に出会いたいという目的で、本の交換(ブックエクスチェンジ)をおこなっています。

 

原則
  1. 返却、ラッピングなど不要。複数冊でもOK
  2. 参加自由。義務は一切ありません
  3. 古書、カバーなし、書き込み、折り目のある本もOK

 

  • 以前もらった本をお持ちいただいてもかまいません
  • ジャンルは問いません(写真集や絵本、まんがもあり)
  • 専門書で好まれるのは、専門的すぎない哲学系、心理系の本です
    (ニッチすぎると貰い手がいませんww)
  • 別の本をお持ちいただければ、リサイクル図書もOKです
    (リサイクル図書はおまけの感覚で)。

 

こんなひと、特に歓迎しています

 読書会にあまり行ったことないけど興味はある、小学生ふくむ学生、新しいことをやりたい、サード・プレイス的な場を探している、海外をルーツに持つ、バックパッカーや旅人、フリーランス、経営者、かわった職業についている、意識高い系、むしろニートやスネップ、ネカフェ難民、収入は低くても楽しく人生過ごしている、キャンプ・アウトドアが好き(主催者がやりたい)、ボドゲTRPG好き(主催者がやりたい。CoC以外のシステムはあまり知らない)、ひとみしり、コミュ障さんの参加など、心からお待ちしています。

 

 参加に必要なのは、課題本の読了、内面の積極性、清潔感です。清潔でなくても清潔感があればよいので、お持ちの方はお気軽にご参加ください。自信がなければイベント前日の夜か当日に体と頭と歯を洗って、洗濯しているか新品の服を着てくればたぶん大丈夫。逆にファッションバキバキに決めてきてくれても、楽しいので大歓迎です。コスプレもいいよ。

 

過去の読書会


 

*1:読んだことがある場合は別として