エスプリプロジェクトにようこそ

新宿で哲学カフェ、読書会、ボードゲーム、TRPG会、人狼、その他イベントの企画開催しています。

【台湾/台北】2泊3日個人旅行-事前準備~台北市内移動-【201811】

2泊3日台北

2018年11月末すべりこみで台北

 ごぶさたしてます、レナ(@esp_rit)と申します。
 1年半ぶり3度めの台湾(台北)にいってまいりました。今回の目的は友人に会いにいくこと、のんびりすごすこと、なので観光は一切していません。でも安くておいしい台湾をいろいろ食らいましたぞ。まずは事前準備から台北市内までの移動について。

 

事前準備

 パスポートの取得などは当然として、今回はさらにミニマムな準備。1年半前の記事が詳しいのであわせてごらんください。

 

フライトの予約

 今回はPeachを利用しました。羽田空港、桃園空港発着です。

  • 行き:MM 859 05:50 - 08:55 (HND→TPE)
  • 帰り:MM 860 21:00 - 00:55 (TPE→HND)

メリット

  1. 羽田空港発着 ※人による
  2. 現地朝到着、夜出発なので滞在時間が長め

デメリット

  1. 羽田空港側の時間帯が微妙
    たとえば電車で空港に行く場合、始発終電は間に合わないです。空港で待つ、ホテルなどを手配、車やタクシーで移動、などの選択肢があります(バスも間に合いません)。

 

ホテルの予約

 わたしはだいたいホテルズドットコムさんにお世話になっているので、アプリからさくっと予約。選択肢は山ほどあるのでお好きなところを。わたしは台北駅周辺にしましたけど、どの地域に滞在しても移動はかんたんです。 

 

SIMカードの購入

 SIMフリー端末利用者なので、SIMカードを購入していきました。桃園空港で買う人も多いと思いますが、個人的にはAmazonさんで購入していくのがおすすめ。理由は、

 

  1. 到着してすぐ使える(飛行機内でSIMカードを入れ替える)
  2. 桃園空港到着時間によっては空港のSIMカード売店が開いていない

 

 実際、わたしが到着したときは10:00前だったので開いてませんでしたwww
 注意点は、届くまでに若干時間がかかること。1~2週間の余裕をみたほうがいいので、日程が決まったら優先順位高めで購入してください。
 わたしが買ったのはこちらです。SIMカードを入れ替えて現地で電源をいれたらすんなりつながりました。電波状況、速度感も問題ないかと。

 

オンラインで入国カードを事前に申請

 前回もやっていったのですが、おすすめします。1人旅や時間に余裕のあるときは、機内や空港について書いてもいいんですが、家族旅行とか深夜到着の方は事前にささっと申請しておくと楽ちんです。

https://oa1.immigration.gov.tw/nia_acard/acardAddAction.action

 

現地で両替?海外キャッシング?

 空港の両替所より、ATMでのキャッシングが有利かつ便利という事実はありますが、今回も現地で両替しました。理由は3点。

 

  1. 少額だから
  2. キャッシング枠をゼロからあげておくのを忘れていた
  3. 帰国して返すの面倒(どんだけ)

 

 桃園空港にも複数両替所があります。少額の場合どこで両替しても大差ないので目についた空いている両替所で換金するんですが、ざっとみるかぎり1箇所しか開いてませんでした(両替所も10:00からが多い)。朝なので、さほど並びませんけどね。

 ちなみに空港で5000円両替して、台北駅の郵便局でも2000円両替しました。窓口で日本円を出すと「okok」って感じにさくっと両替してくれます。

 ちなみに節約しているわけではなく、航空券と宿泊費は事前決済、観光もマッサージも買い物もしないのであまり必要ないんですよね←なにしにいってるんだ。

 

桃園空港から台北市内へ移動

桃園空港と台北市内往復バス

 電車でもいいのですが、バスで台北市内まで移動します(國光客運1819線)。乗り場はB1フロア、セブンイレブンもあります。時間帯によりますが10~20分に1本でていて、料金は115TWDです。

 ちなみにバスは24時間運行しているそうです。深夜に到着してもとりあえず台北市内に出られるなら、駅から歩ける場所やタクシーでホテルにいけますね。便利だなぁ。

 

2泊3日の台北旅行でかかった合計金額(1人分)

  • 航空券代:¥25000
  • 宿泊費:¥2500
  • 両替した金額:¥7000
  • 自宅から羽田空港までの往復:¥1700
    合計¥36200

 今回の旅は、これでぜんぶです。