エスプリプロジェクトにようこそ

新宿で哲学カフェ、読書会、ボードゲーム、TRPG会、人狼、その他イベントの企画開催しています。

【11/24】仮面の告白(三島由紀夫)×人間失格(太宰治)【新宿読書会】

エスプリ新宿哲学カフェとか読書会とか

2018年11月のテーマは『収穫祭』です。

 

 ごぶさたしてます、レナ(@esp_rit)と申します。

 2018年11月(霜月)読書会のご案内です。 

 

  [11/22 14:00]までにお申し込みいただいた方への詳細は連絡済です。届いていないよという方は迷惑メールに分類されていないか確認後、お手数ですが otoiawasedayoあっとgmail.com までお問い合わせください。募集を締め切ったということではないので気が向いたらこれからでもお申込みどうぞー。

 

 

課題本『仮面の告白/三島由紀夫』と『人間失格/太宰治

 エスプリ読書会では、11月に三島由紀夫の作品を読んでいます。で、今年2018年は三島がツンデレった太宰の作品も同時にとりあげちゃいます。へたするとすごく暗い読書会になりそうですね(笑)。どちらの本も、さらっとでもいいので読了ください。むかし読んだぞーって方もOKです。

仮面の告白 (新潮文庫)

仮面の告白 (新潮文庫)

 

「私は無益で精巧な一個の逆説だ。この小説はその生理学的証明である」と作者・三島由紀夫は言っている。女性に対して不能であることを発見した青年は、幼年時代からの自分の姿を丹念に追求し、“否定に呪われたナルシシズム"を読者の前にさらけだす。三島由紀夫の文学的出発をなすばかりでなく、その後の生涯と、作家活動のすべてを予見し包含した、戦後日本文学の代表的名作。

人間失格 (新潮文庫)

人間失格 (新潮文庫)

 

「恥の多い生涯を送って来ました」。そんな身もふたもない告白から男の手記は始まる。男は自分を偽り、ひとを欺き、取り返しようのない過ちを犯し、「失格」の判定を自らにくだす。でも、男が不在になると、彼を懐かしんで、ある女性は語るのだ。「とても素直で、よく気がきいて(中略)神様みたいないい子でした」と。ひとがひととして、ひとと生きる意味を問う、太宰治、捨て身の問題作。

 

開催日時

 

  • 日時:2018年11月24日(土)14:00~16:00頃
  • 場所:新宿駅周辺のカフェ
  • 費用:参加費(500円)+飲食代
  • 持物:課題本、交換用の本※本の交換をします

 

お申込み

https://goo.gl/forms/osFWtkP94JJMkvoV2

 

タイムテーブル

 

  • 13:55~ チェックイン
  • 14:00~ トークセッション
  • 15:50~ ブックエクスチェンジ(本の交換)※詳細は後述
  • 16:00~ 延長戦という交流会的な二次会

  

延長戦(交流会)

 本編で話しきれなかった話題、ありとあらゆる雑談、パーティ系の軽いボードゲームなどをやっていることが多いです。ここからが本番なので(結構本当です)、お時間のゆるす範囲でご参加ください。飲まない人、未成年でも大丈夫です。最近の傾向として費用は、1500円~2500円ですね。

 

今後の予定と課題本

 

師走読書会
2018/12/22(土)  飛ぶ教室/ケストナー

 ドイツの作家ははじめてかも。ホリデーシーズンなのでこの作品を読みましょう。

 

睦月読書会
2019/01/26(土)  色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年/村上春樹

 毎年1月はみんな大好き村上春樹。1月はまだまだお祭り気分で。

 

 2019年は、2018年に台風で中止になった『グレート・ギャツビー/フィッツジェラルド』、リクエスト(?)の『芋虫/江戸川乱歩』も予定しています。課題本にしたいのは、SF作品やイタロ・カルヴィーノル=グウィン(SF作家でもあるし)ですかねー。ほかにもありますが。

 

 選書の基本は海外、できれば欧米以外の作品や作家、でもこだわらないのでリクエストなどあればどの作品、作家でも取り上げます。まんが、絵本でもかまいません。

エスプリプロジェクトにようこそ

エスプリ読書会とは?

 

  1. 1冊の本をテーマ書として選定し、読了して参加
  2. 参加者がおもしろかった本、おすすめ本をシェアしあう

 

 原則、1のパターンで読書会を開催しています。1冊の本をもとに、参加者1人1人がどう読んだのか、そこから派生したこと、考えたことはなにかを共有しあい、自分だけでは発見できない視点を獲得しあうのが主な目的です。

 

 課題本を読んでくる読書会は、参加までにハードルがあります*1。しかしこのちょっとしたハードルはむしろメリットだと考えています。ほかにもこんないいことが。

 

  • 読んだことのない本、作家に出会える
  • 挫折した本を読み切るきっかけになる
  • 記憶の定着率が高まる
  • 同じ本でも人によってこんなに違うのかと驚ける
  • ネタバレも可

 

 読み方や考えたことに、正解・不正解はありません。他人と同じでも違ってもいいので、ネットなどの感想を探すのではなく、自分がどう読んだのかを持ち寄ってくださるとうれしいです。役にたつかたたないか、たのしいかたのしくないかはあなた次第。

 

エスプリにようこそ

ブックエクスチェンジ(本の交換)

 

  読書会では、気軽にいろいろな本に出会いたいという目的で、本の交換(ブックエクスチェンジ)をおこなっています。

 

原則

 

  1. 返却、ラッピングなど不要。複数冊でもOK
  2. 参加自由。義務は一切ありません
  3. 古書、カバーなし、書き込み、折り目のある本もOK

 

  • 以前もらった本をお持ちいただいてもかまいません
  • ジャンルは問いません(写真集や絵本、まんがもあり)
  • 専門書で好まれるのは、専門的すぎない哲学系、心理系の本です
    (ニッチすぎると貰い手がいませんww)
  • 別の本をお持ちいただければ、リサイクル図書もOKです
    (リサイクル図書はおまけの感覚で)。

 

こんなひと、特に歓迎しています

 

 読書会にあまり行ったことないけど興味はある、小学生ふくむ学生、新しいことをやりたい、サード・プレイス的な場を探している、海外をルーツに持つ、バックパッカーや旅人、フリーランス、経営者、かわった職業についている、意識高い系、むしろニートやスネップ、ネカフェ難民、収入は低くても楽しく人生過ごしている、キャンプ・アウトドアが好き(主催者がやりたい)、ボドゲTRPG好き(主催者がやりたい。CoC以外のシステムはあまり知らない)、ひとみしり、コミュ障さんの参加など、心からお待ちしています。

 

 参加に必要なのは、課題本の読了、内面の積極性、清潔感です。清潔でなくても清潔感があればよいので、お持ちの方はお気軽にご参加ください。自信がなければイベント前日の夜か当日に体と頭と歯を洗って、洗濯しているか新品の服を着てくればたぶん大丈夫。逆にファッションバキバキに決めてきてくれても、楽しいので大歓迎です。コスプレもいいよ。

 

https://goo.gl/forms/osFWtkP94JJMkvoV2

 

過去の読書会

 

  哲学カフェも開催しています。

*1:読んだことがある場合は別として