エスプリプロジェクトにようこそ

新宿で哲学カフェ、読書会、ボードゲーム、TRPG会、人狼、その他イベントの企画開催しています。

【哲学カフェ】エスプリ12月1月イベントまとめ【読書会】

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
このエントリはメールニュースを転載したものです。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
エスプリプロジェクトにようこそ┃【 2018年11月20日発行 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:: 目次
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

… 1. 近況
… 2. 【11/24】仮面の告白(三島由紀夫人間失格(太宰治)【読書会】
… 3. 【12/01】古代ギリシア・ローマの賢人たちに学ぶ【勉強会+哲学カフェ】
… 4. 【12/08】いま哲学カフェに求められているものとその理由【哲学カフェ】
… 5. 【12/22】飛ぶ教室/ケストナー【読書会】
… 6. 【01/26】色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年/村上春樹【読書会】
… 7.  2019年のイベントも企画・進行中
… 8. あとがき

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

■ 1. 近況-台湾へいってきます-

……………………………………………………………………………………

ごぶさたしてます、エスプリのなかの人(レナ)です。12月を目前にして
さすがに東京も寒くなってきました。多忙&体調を崩しがちな時期ですが
みなさんいかがお過ごしでしょうか。

わたしはいたって元気!(゚∀゚)ですが、なにかが固まってきた感があり、
それをほぐす一環として台湾(台北)へいってきます。台北は3度目なので
特に観光は予定せず、読書会の課題本飛ぶ教室』と『多崎つくる』を
読んですごそうと考えています(なんのために行くんだ)。

↓↓前回2017年の台湾旅行はこんな感じでした↓↓
http://esprit.hateblo.jp/entry/2017/05/02/220000
この旅行事前準備編、自分で見直して参考になった。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

■ 2. 【11/24】仮面の告白(三島由紀夫人間失格(太宰治)【読書会】

……………………………………………………………………………………

2作品をお読みいただいたことがあれば参加いただけます(過去読んだよでもOK)
どちらの作品、作家に肩入れしてもいいんですが、けなすんではなくて
両方の好き、いいところを中心に考えていく心意気です。

●日時:2018年11月24日(土)14:00~16:00頃
●場所:新宿駅周辺のカフェ
 詳細はお申込みのemailにご連絡いたします。
●費用:参加費(500円)+飲食代
●持物:課題本、※交換用の本

※本の交換(ブックエクスチェンジ)をします
返却、ラッピングなど不要。そのままお持ちください
古書、カバーなし、書き込み、折り目のある本もOKです

仮面の告白 三島由紀夫(新潮文庫)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101050015/candb-22/
「私は無益で精巧な一個の逆説だ。この小説はその生理学的証明である」と
作者・三島由紀夫は言っている。女性に対して不能であることを発見した青年は
幼年時代からの自分の姿を丹念に追求し“否定に呪われたナルシシズム"を読者の
前にさらけだす。三島由紀夫の文学的出発をなすばかりでなく、その後の生涯と
作家活動のすべてを予見し包含した、戦後日本文学の代表的名作。

仮面の告白 (新潮文庫)

仮面の告白 (新潮文庫)

 


人間失格 太宰治(新潮文庫)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101006059/candb-22/
「恥の多い生涯を送ってきました」3枚の奇怪な写真と共に渡され
睡眠薬中毒者の手記には、その陰惨な半生が克明に描かれていました。
無邪気さを装って周囲をあざむいた少年時代。次々と女性に関わり
自殺未遂をくり返しながら薬物におぼれていくその姿。
人間失格」はまさに太宰治の自伝であり遺書であった。
作品完成の1か月後、彼は自らの命を断つ。

斜陽・人間失格・桜桃・走れメロス 外七篇 (文春文庫)

斜陽・人間失格・桜桃・走れメロス 外七篇 (文春文庫)

 

……………………………………………………………………………………

●お申込み
https://goo.gl/forms/osFWtkP94JJMkvoV2

●詳細
http://esprit.hateblo.jp/entry/2018/10/13/120000

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

■ 3. 【12/01】古代ギリシア・ローマの賢人たちに学ぶ【勉強会+哲学カフェ】

……………………………………………………………………………………

木村洋平さんをガイドにおむかえして、前半に講義、後半に哲学カフェを行います。
講義では、エピクロスエピクテトスセネカなどを取り上げる予定。後半の哲学カフェテーマは『すぐれた生き方とは? -こんな賢者と友達になりたい-』です。前半だけ、後半だけでも参加できますのでお気軽にどうぞー。

●日時:2018年12月1日(土)11:30~16:00頃
●場所:池袋 -- がんばれ! 子供村 コミュニティースペース(2F)
●費用:1000円(資料代込)+持ち込み自由
●持物:筆記用具
※資料はご用意します(予約いただいた方優先)
※ソフトドリンク・軽食持ち込み自由
※途中参加、退出OK
※託児サービスはご用意できませんが、お子さん連れでも大丈夫です。

……………………………………………………………………………………

●お申込み
https://goo.gl/forms/5COG8RR9V8lAmd2H3

●詳細
http://esprit.hateblo.jp/entry/2018/11/13/200000

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

■ 4. 【12/08】いま哲学カフェに求められているものとその理由【哲学カフェ】

……………………………………………………………………………………

興味関心をひくものがわっさわさある現代日本(東京)において、わざわざ
哲学カフェに時間をさいちゃう人たちが、哲学カフェになにを求めている
のか、そしてなぜそれを求めるのか、それは現代の東京(都心)ならではの
ことか、もう少し普遍的なのか、いま哲学カフェを知らない人もそのなに
かを求めるのか、そんなことを問うてみます。

●日時:2018年12月8日(土)14:00~16:00
●場所:池袋 -- がんばれ! 子供村 プレイルーム(3F)
 靴を脱いであがり、絨毯に直接座り(地べた座り)になります。
●費用:参加費(500円)+持ち込み自由
●持物:心意気、清潔感
※ソフトドリンク・軽食持ち込み自由
※途中参加、退出OK
※託児サービスはご用意できませんが、お子さん連れでも大丈夫です。

……………………………………………………………………………………

●お申込み
https://goo.gl/forms/PBwZyYgHBQ3TlIPd2

●詳細
http://esprit.hateblo.jp/entry/2018/11/18/220000

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

■ 5. 【12/22】飛ぶ教室/ケストナー【新宿読書会】

……………………………………………………………………………………

ほかの団体さんイベントとガンガンかぶっている日にちですが、この読書会は
午前中で終わるので掛け持ちできます←なんという卑屈な宣伝文句。
それはそれとして『飛ぶ教室』は児童文学だし読んだことないしって方
多いと思うんですけど、実はおもしろみ深いおすすめ作品なんだぞ

●日時:2018年12月22日(土)10:30~12:00頃
 通常と時間が違います。詳細はお申込みのemailにご連絡いたします。
●場所:新宿駅周辺のカフェ
●費用:参加費(500円)+飲食代
●持物:課題本、※交換用の本

※本の交換(ブックエクスチェンジ)をします
返却、ラッピングなど不要。そのままお持ちください
古書、カバーなし、書き込み、折り目のある本もOKです

飛ぶ教室 (岩波少年文庫)エーリヒ ケストナー 池田 香代子(翻訳)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4001141418/candb-22/
ボクサー志望のマッツ、貧しくも秀才のマルティン
おくびょうなウーリ、詩人ジョニー、クールなゼバスティアーン。
個性ゆたかな少年たちそれぞれの悩み、悲しみ、そしてあこがれ。
寄宿学校に涙と笑いのクリスマスがやってきます。

飛ぶ教室 (岩波少年文庫)

飛ぶ教室 (岩波少年文庫)

 

※ここでは岩波を取り上げていますが、どの翻訳でもかまいません。

飛ぶ教室 (光文社古典新訳文庫)

飛ぶ教室 (光文社古典新訳文庫)

 
飛ぶ教室 (新潮文庫)

飛ぶ教室 (新潮文庫)

 

……………………………………………………………………………………

●お申込み
https://goo.gl/forms/wK0omXqwLntml8EA3

●詳細
http://esprit.hateblo.jp/entry/2018/11/14/220000

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

■ 6. 【01/26】色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年/村上春樹【読書会】

……………………………………………………………………………………

毎年1月は、村上春樹を味わうのがエスプリの流儀。

●日時:2019年1月26日(土)15:00~17:00頃
●場所:池袋 -- がんばれ! 子供村 研修室(4F)
●費用:参加費(500円)+持ち込み自由
●持物:課題本、※交換用の本

※本の交換(ブックエクスチェンジ)をします
返却、ラッピングなど不要。そのままお持ちください
古書、カバーなし、書き込み、折り目のある本もOKです

※ソフトドリンク・軽食持ち込み自由
※途中参加、退出OK
※託児サービスはご用意できませんが、お子さん連れでも大丈夫です。

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年/村上春樹(文春文庫)
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167905035/candb-22/

良いニュースと悪いニュースがある。多崎つくるにとって駅をつくることは、
心を世界につなぎとめておくための営みだった。あるポイントまでは……。

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 (文春文庫)
 

……………………………………………………………………………………

●お申込み
https://goo.gl/forms/u8o0S4caSnv2UQB62

●詳細
http://esprit.hateblo.jp/entry/2018/11/20/120000

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 ■ 7.  2019年のイベントも企画・進行中

 ……………………………………………………………………………………

■【01/12】哲学カフェ
2019年初回の哲学カフェは『問い選定中』です。

【予定】
●日時:2019年1月12日(土)14:00~16:00頃
●場所:新宿駅周辺のカフェ
●費用:参加費(1000円/ワンドリンクと会場代込です)

 ……………………………………………………………………………………

■【01/26】オトナがシャカイを考えるタイワ-オトシャワ-(仮)
『大人のための社会科』(有斐閣)編集者Hさんをファシリテーターとしてお迎えし、
政治・経済・社会問題について語りあいます。普段哲学カフェや読書会ではあまり
あつかわれない具体的な課題をテーマにしますので、興味関心のある方は
『大人のための社会科(オトシャカ)』を読んでご参加ください。

●日時:2019年1月26日(土)12:30~14:30頃
●場所:池袋 -- がんばれ! 子供村 研修室(4F)
●費用:参加費(500円)+持ち込み自由

※ソフトドリンク・軽食持ち込み自由
※途中参加、退出OK
※託児サービスはご用意できませんが、お子さん連れでも大丈夫です。

●大人のための社会科
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4641149208/candb-22/
反知性主義」が幅をきかせる時代において,私たちがきちんと考
将来を語り合うために――。気鋭の社会科学者が日本社会を12の
キーワードから解きほぐし未来への方向性を示す。いまの社会に
違和感を抱くすべての人のための考えるヒントがつまった社会科学入門!

大人のための社会科 -- 未来を語るために

大人のための社会科 -- 未来を語るために

 

……………………………………………………………………………………

■【02/22】『グレート・ギャツビー』再び【新宿読書会】
2018年に予定した本ですが、台風のため中止になりました。
満を持して、猫の日に取り上げ直します。猫とギャツビー、特に関係ないけど。
1月2月は意図せず村上春樹さんのかおりが濃いラインナップ。
彼は猫が好きだったような。

グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)

グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)

 

……………………………………………………………………………………

2019年1月~3月あたりは、数学お勉強会も予定されています。数学てwww
ますます方向に一貫性がなく、持たせるつもりもないエスプリです
興味やタイミングの合うときに、いつでもゆるりといらしてください。

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

■ 8. あとがき -2018年はキツかったwww-

……………………………………………………………………………………

2018年も気づけばもうすぐ終わり。個人的に9月頃までめちゃくちゃ激動で、
あっ死ぬかも★(゚∀゚)と思いましたし、たぶん一度や二度死んだと思います。
しかし振り返って(生き返って)みると、少なくともこの数年でいちばん幸せな
一年でもありました。まだ2018年を完遂していないので総括できませんが、
いまの実感としては、

死ぬっていいね(語弊ありすぎ)。

日々暮らしていると、大切なもの(モノや精神的価値)が潤沢になって、
生身の自分を味わいにくくなります(わたしはね)。生身の自分ってなんだよ
って感じですけど、いろいろなものを取り去ってもなお息をしている、
社会的価値で測れないただの自分という感じでしょうか。

そういうただの自分を味わう(目を背けずただ受けとめる)ことは
けっこう精神的にエグいです。エグいんかーい。
でも悪くないというか、そういうことを定期的に意識的にしていないと、
弱まるような感じがしています(なにが?)。※個人の感想・体験です

的を射ない内容ですが、みなさんも年末にかけて精神的に死ぬ体験とか、
大切に思えたけど本当にそうなのこれ的な存在の精査、断捨離など
やってみてはいかがでしょうか。いや死ぬ体験はおすすめしない。

ここまで読んだ方が果たしているか謎ですが、メールマガジンって
つくるの大変><これはそっ削(速攻削除)していいのですが、購読されて
いるものがあれば最後まで読んであげてって気持ちになりました(自分も読むわ)。

▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

エスプリプロジェクトにようこそ
site:http://espr.strikingly.com/
blog:http://esprit.hateblo.jp/
e-mail:otoiawasedayo[あっと]gmail.com
twitterhttps://twitter.com/esp_rit

本メールの商用目的ではないブログやSNSでの引用は、出典を明記いた
だいてお好きにどうぞ! というかどんどんお願いします。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
エスプリプロジェクトにようこそ┃【 2018年11月20日発行 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━