エスプリプロジェクトにようこそ

新宿で哲学カフェ、読書会、ボードゲーム、TRPG会、人狼、その他イベントの企画開催しています。

日本社会のいまと未来を考える①:『大人のための社会科』をベースに

日本社会のいまと未来を考える①『大人のための社会科』をベースに

日本社会のいまと未来を考える①『大人のための社会科』をベースに

1月エスプリのテーマは『手放し/赦し』です。

 ごぶさたしてます、レナ(@esp_rit)と申します。
 2019年1月26日特別イベントのご案内です。

対話イベント「日本社会のいまと未来を考える①:『大人のための社会科』をベースに」

大人のための社会科 -- 未来を語るために

大人のための社会科 -- 未来を語るために

 
  • 日時:2019年1月26日(土)12:00~14:30
  • 場所:池袋 -- がんばれ! 子供村 研修室(4F)
  • 費用:参加費(500円)
    ソフトドリンク・軽食の持ち込み可。
  • 参加にあたって:
    大人のための社会科』を読了しての参加がのぞましいですが、少なくとも第3章、第6章は読了ください。哲学対話(抽象的な概念)ではなく、現在に即した実際的な課題、内容が中心となります。
     最大10名程度でじっくり対話しますので、最初から最後まで参加いただける方(その意志のある方)にきてもらえると、準備するわたしたちも嬉しく思います。そのため、お手数ですが以下からご予約をお願いします。

 https://goo.gl/forms/6faZVS46tCkphQGq1

東京都豊島区雑司ケ谷3-12-9

概要

 たまには正面から社会のことを話してみよう!

 2017年9月に刊行された井手英策・宇野重規・坂井豊貴・松沢裕作『大人のための社会科――未来を語るために』(通称:オトシャカ)を事前に読んだうえで、いま私たちの社会はどうなっているのか、これからどうなるのか・どうしたいかを対話します。

 参加に当たっては、できるだけオトシャカを読了してください。少なくとも第3章、第6章は事前に読んで参加してください。

 当日はファシリテーターが参加者の関心に沿って対話を進めていきます。気軽に意見交換しましょう。

 

ファシリテーター:はせがわえり

はせがわえり

書籍編集者。出版社一本という無謀な就活の末、学術書出版社に新卒入社。以来、経済分野を中心に、大学テキストや研究書を編集して15年超。得意分野は開発経済学、アジア経済、財政学、金融、ジェンダーなど。2017年に出た井手英策・宇野重規・坂井豊貴・松沢裕作『大人のための社会科』は発売から半年で6刷となるベストセラーに。関連シンポジウムの司会や、公式読書会のファシリテーターを務めた。

 

タイムテーブル
  • 11:45~ 会場オープン・受付
  • 12:00〜 自己紹介と今日のテーマに関して一言
  • 12:15〜〈前半〉時代――いまはどのような時代なのか
    前半は,主に「第3章 時代」にまつわることを話します。いまという時代はどういう時代なのか、平成が終わるこの時に、改めて考えてみましょう。
  • 13:15〜 休憩(15分)
  • 13:30〜〈後半〉私――みんなが共存する社会は可能か
    後半は,主に「第6章 私」に関連して、価値観が多様化するなかで、みんなが共存できる社会をつくるにはどうしたらよいのか、考えてみます。
  • 14:30~ お片付け
    -------- 解散 --------
  • 15:00~ 村上春樹読書会♡
    同会場で、新年だよ☆村上春樹まつり『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』読書会をおこないます。お時間、興味があればあわせてご参加くださいね。詳細はこちら。

 

お申し込み

 人数把握、準備のためご予約をお願い致します。

企画や問いのリクエス

 企画や問いのリクエストはどなたからでも受け付けています。問いのかたちになっていなくてもかまいません。こんなことを考えてみたい、話してみたい、気になっている、疑問がある、などあれば、実際に会ったとき、メール、twitter、電波(テレパシー)などでお気軽にお伝えください。漠然と「○○についていろいろな意見をきいてみたい」よりは、自分はこう思う、こういうことがあったのでこれについて扱いたい、みたいな感じできてください。

 

いろいろやってるよ 

 エスプリでは、毎月第2土曜日に哲学カフェ、第4土曜日に読書会(課題本読了参加型)をやっています。ほかにも猫以上にやらかいものからあずきバーよりかたいやつ(はないかも)まで、常になにかしら企画・開催されています。興味関心、スケジュールの都合があえばいつでも遊びにいらしてください。

 

過去のイベント